「何もいらない」と思えたときが 一番のしあわせ

「何もいらない」と思えたときが
一番のしあわせ

「何もいらない」
と思えたときが
一番のしあわせ

わたしは、現状に満足することなく、常に新しい刺激を求め、走り続けてきました。「もっと!もっと!」と自分を追い込み、新しい場所で、新しいことを実現させ、それなりに実績を残してきました。

しかし、心身が壊れてどん底に落ちた2020年の夏以降、立ち止まったからこそ見えてきたものがありました。

たくさんのものを手に入れすぎると、それに埋もれて本来の自分、本来のしあわせが見えなくなる。

わたしにとってのしあわせは、何かを手に入れたときではなく、何もいらないと思えたときではないかなと。

太陽や月、草木やお花、海や山。これらが壮大なエネルギーもたらし、無限のしあわせを感じさせてくれる。そして、大切な人たち。これだけで十分では?はい。十分だったのです。
気づくのが遅いけど、この2年間での学びです。

たくさんのしあわせを持っているのに、「もっと!もっと!」と欲張っていました。まだ、その癖は残っていて時々自分を苦しめるのですが。

みなさんにとっての、しあわせって、何ですか?

ハッピーキャリアウーマンLani

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です