期待に応えるために頑張るのではなく、自分が幸せを感じるために頑張る。

期待に応えるために頑張るのではなく、自分が幸せを感じるために頑張る。

期待に応えるために頑張るのではなく、
自分が幸せを感じるために頑張る。

期待されると嬉しいし、パワーが出てくるし、頑張ろう!って思える。結果を出したら、もっと期待されて、もっと頑張ろう!となり、もっともっと頑張る。

でも、あるとき、ふと気づく。
「わたし、何のために頑張ってるの?」って。

期待に応えたい!→人に喜んでほしい(それが、自分のしあわせ)であれば、OK!

期待されることも、期待に応えることも、「過程」においては素晴らしいことですが、期待に応えることが「目的」になってしまっている場合は、今一度自分のしあわせを考えてみましょう。自分のありたい姿をイメージしてみましょう。

期待の先に、ありたい自分の姿が見つかりましたか?

ハッピーキャリアウーマンLani

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です